商品の紹介

フィリピニアーナのブライダルガウンの究極の概要


社会的起源をさらに反映したドレスを探している新しい花嫁は、これらの感覚が大幅に増加することを経験するかもしれません。これは、結婚式のイベントに彼らの起源を含めることへの熱意を示唆するものではありません。具体的には、結婚式のイベントの衣装は、あらゆる種類の方法で軽減されます。

フィリピニアーナについて理解すべきこと
フィリピニアーナの難しさはフィット感です、とフィリピニアーナのデザイナー、キャロライン・マンゴシングはプレタポルテの公式フィリピニアーナの障害について主張しています。サイジングは一般的にそれが本当にほとんど実行されない問題であり、また袖が不足しています。
一流のフィリピニアーナで一般的に使用されている素材は、独自の障害物のコレクションを提供します。フィリピン固有の赤パイナップルの葉から供給されるすべて天然繊維であるPi?a、またはAbacまたはマニラ麻から供給されるJusiを利用することにより、時代を超えた大きな最高品質と滑らかな外観が実現されます。

一般的にフィリピンをテーマにしたすべてのポイントの総称であるフィリピン人に行きましょう。素晴らしく大きなバロンタガログ語と上品なバタフライスリーブを備えたエレガントなテルノがすぐに頭に浮かびますが、フィリピニアナのブライダルガウンを選ぶときは、さらに多くのことを考える必要があります。発見される。

弧を描くために、各袖はさまざまなプリーツのディテールで作成され、直立したフレームワークを維持するために、カファマソの堅いネットテキスタイルで裏打ちされています。このタイプの構造化により、典型的なバタフライスリーブは非常に壊れやすくなるため、通常は衣装から取り外し可能であり、移動するのも困難です。押しつぶされるとすぐには回復しません。その後は、この奇妙なしわがタフになります。袖。

これらの典型的なテキスタイルは、常にフィリピンの結婚式のイベントの衣装を作るものではありません。 Mangosingは、これら3つのポイントのいずれかが、フィリピニアナのあらゆるタイプの服装のタイプを実際に決定すると説明しています。大きなテキスタイル、針細工、そして特に蝶の袖のフレームワークです。

フィリピニアナの簡単な背景
最も広く知られている種類のフィリピニアーナの1つは、蝶の袖が付いたスリムで体にフィットするテルノです。その実際の核心は、バロトサヤであり、これは、ヒスパニック以前の時代の女性や、フィリピンの非キリスト教文化の女性によって着用されたシャツ/ブラウスとスカートに変換されます。バロトサヤには、ウエスト丈のシャツ(バロまたはカミサ)、長いスカート(サヤまたはファルダ)、はるかに短いオーバースカート(タピスまたはパタジョング)、ハンカチまたはストール(パフエロまたはアランペイ)が含まれています。肩越しに。

バロトサヤは、何年にもわたっていくつかのバリエーションを作成しました。スタイリッシュなTrajede Mestizaは、塔の袖、華やかな靴紐、針細工で最も識別しやすいものの1つです。 Balintawak、バックウッドで利用されているのんびりとしたバージョン。パタジョングのチューブのオーバースカートで、ビサヤで非常に広範囲に着られた着物。また、1940年代後半にシャツとスカートの結婚を見たテルノは、この特定の日まで最も識別可能なタイプのフィリピニアナの1つであり続けています。

フィリピニアナパイナップルテキスタイル。
Pi?aは、そのトレードマークである滑らかな光沢と贅沢な優しさで、すべてのフィリピンの素材の女王について考えられています。綿のようなより手頃な価格の追加の入手可能な材料によって頻繁に迂回されますが、Pi?a織り市場はフィリピンの小さな領域にとどまります。その軽量な性質により、他のさまざまなテキスタイルと簡単に混ぜることができます。
バタフライスリーブ。
フィリピニアーナは傾斜した塔の袖から始まり、通常はストールで覆われています。蝶のデザインは1920年代頃にその手段を一掃し始めました。ザラで見つけることができる現代的なパフスリーブとバタフライスリーブの間には違いがあり、マンゴーシングはクリアします。

これにより、多くの費用効果が高いが、フィリピンを超えて新しい花嫁がアクセスするのが最も簡単な、著しく低品位の既製のフィリピニアナスタイルのポリエステル生地を利用することになります。

最も広く知られているタイプのフィリピニアーナは、蝶の袖が付いたスリムで体にフィットするテルノです。これらの典型的なテキスタイルは、常にフィリピニアナの結婚式のお祝いのガウンを作るものではありません。マンゴーシングは、これらの3つのポイントのいずれかが、フィリピニアナのあらゆるタイプの服装の種類を真に決定すると説明しています。大きなテキスタイル、針細工、そして特に蝶の袖のフレームワークです。フィリピニアーナは傾斜した塔の袖から始まり、通常はセラーベで覆われています。蝶のデザインは1920年代頃にその方法を一掃し始めました。フィリピンでの結婚式のお祝いにフィリピンのコースを選択する多くの新しい花嫁は、さらに、既製のノースリーブの結婚式のイベントドレスに合わせて独立して織られた従来のバタフライスリーブを入手することを選択します。

Mangosingは、北米のクライアントがFilipinianaのガウンの上にレイヤーを配置するという要件から生まれた、現代のオプションを発見しました。フィリピンでの結婚式のイベントのためにフィリピン人のコースを選ぶ多くの花嫁も同様に、既製のノースリーブの結婚式のお祝いのドレスに合うように独立して織られた従来の蝶の袖を入手することを選択します。

ウエディングドレス

激安 キャバ ドレス

ウエディングドレス

友人 結婚 式 服装

ウエディングドレス

冬 結婚 式 ドレス

ウエディングドレス

エメ パーティー ドレス

ウエディングドレス

ウエディング ドレス

ウエディングドレス

ピアノ 発表 会 ドレス 140

ウエディングドレス

結婚 式 ドレス おしゃれ

ウエディングドレス

発表 会 ドレス

ウエディングドレス

結婚 式 ドレス

ウエディングドレス

新郎 母 ドレス

ウエディングドレス

ウエディング ドレス 黄色

ウエディングドレス

妊婦 ウェディング ドレス

ウエディングドレス

セットアップ ドレス

ウエディングドレス

結婚 式 服